地震に耐える家とそうでは無い家では、住んでいて安心感が全く異なります。

大きな地震が来た時に倒壊するようでは、家族を守るための家が凶器となってしまいます。

そうならない為にももみの木ハウスの家は全棟耐震等級3となります。「制震ダンパー」を標準仕様で配置しています。もしもの時に備えて一番安心できるもので建てています。

耐震等級には1~3までありまして1が一番弱くて3が一番強いことになります。

長期優良住宅の耐震基準は耐震等級2以上となります。

「それじゃあ耐震等級2で良いのでは」って思う方もいるでしょうが、自分が考えるのには耐震強度はなるべく強いほうが良いと考えますので、全棟が耐震等級3となる訳です。

ローコスト住宅やデザイン重視の会社や中堅ビルダーなんかだと、そこまではこだわってはない会社もありますが、大手ハウスメーカだとほとんどが耐震等級3となっています。

安心はお金で買えることになりますね。

でも耐震等級だけで満足しているのではありません!

耐震等級に加えて「偏心率」も重要になってきます。偏心率は、建物の重さの中心と、建物の強さの中心がどれくらいの距離離れているのかで表せます。偏心率は数値が大きいほど家のバランスが悪いことになり、数値が小さいほど家のバランスがいいことになります。

そこを考えてプランを決めていきます。偏心率は計算式で表せます。これがあるのとないのでは安心度も大きく変わります。

プランを考える人に知識が無いと、地震に強い家を造ることは出来ません!

せっかく建てた家で家族を守れないとしたら建てた意味が無くなってしまいます。

家族が長く安心して暮らせる家を造るには、まずは耐震性能が一番と考えるべきではないでしょうか?

 

もみの木の家をイベントで体感

藤田 泰弘

藤田 泰弘

実際にもみの木の内装材を体感して、根本的な家づくりの考え方が変わりました。自分で体感したからこそお客様におススメできるもみの木の家を提供します。

もみの木ハウスの資料をお届け!

もみの木ハウスの家づくりがよくわかる資料を無料でお届けしています。資料をご希望の方は以下のボタンよりお申し込みいただけます。
もみの木ハウス・ひょうご 資料請求

資料請求はこちらから

開催予定の見学会・イベント

【毎月開催】もみの木の家 勉強会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ
「もみの木ハウス・和歌山」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
Facebook:個人
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・兵庫」で当社が紹介されました。