もみの木ハウスの使う樅の木の話

もみの木ハウスの樅の木はドイツのシュヴァルツヴァルト(黒い森)からやって来ます。樹齢は150年から250年のものになります。

ドイツの樅の木は植林されたものとは異なり自然に生えてきたものです。

そのため厳しい環境の中を生き抜いてきたツワモノで、自らの生命力で成長してきました。

ドイツでは自然環境を守るための規制が大変厳しく定められているので、森林保護管の厳しい管理の下で計画伐採が行われています。なので輸出する量も限られてきます。

しかも柾目のみの使用となるので本当に質のいい木しか使えません。なので年間建てられる棟数も限られてしまいます。

いま日本で使われている杉やヒノキは昭和32年の年次経済報告(経済企画庁)では、戦後日本の木材の需要が国内の森林の森林成長量を上回っている現状を指摘したうえで、成長量の少ない天然林を成長量の多い人工林へ林種転換して拡大する必要性を説いており、国民経済の要請を「質よりむしろ量の増大を期待している」とまとめる時代がありました。

そして1950年~1970年代前半には空前の建設ラッシュとなり国内の材木需要が大幅に増えたため、天然林を伐採した後に杉やヒノキなどを植栽する拡大造林が農林水産省等によって推奨されました。

なので今使われている国産材として材料の杉やヒノキは戦後に人工植林されたものがほとんどです。

自然に生えてきて長年生き抜いてきた強いもみの木と、近年に人工植林された木とでは

どちらを選ばれますか?

 

もみの木の家をイベントで体感

藤田 泰弘

藤田 泰弘

実際にもみの木の内装材を体感して、根本的な家づくりの考え方が変わりました。自分で体感したからこそお客様におススメできるもみの木の家を提供します。

もみの木ハウスの資料をお届け!

もみの木ハウスの家づくりがよくわかる資料を無料でお届けしています。資料をご希望の方は以下のボタンよりお申し込みいただけます。
もみの木ハウス・ひょうご 資料請求

資料請求はこちらから

開催予定の見学会・イベント

【毎月開催】もみの木の家 勉強会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ
「もみの木ハウス・和歌山」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
Facebook:個人
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・兵庫」で当社が紹介されました。