「外皮計算って言葉知っていますか?」

なかなか生活している中では、聞きなれない言葉です。建築に携わっている人でも聞いたことがある程度じゃないでしょうか?

長期優良住宅認定の基本となるのが「外皮計算」と「1次エネルギー計算」の二つです。

外皮計算とは外皮平均熱貫流率(UA値)を算出する計算の事です。

UA値とは、従来の熱損失係数(Q値)に変わる指数で性能が高いほど数値が小さくなります。

外壁・窓・天井・床から逃げる熱損失を合計して外皮面積で割って算出します。

Q値は各部位の熱損失量の合計を床面積で割って求めていましたが、UA値は、熱損失量を外皮面積で割って算出します。

Q値では床面積の大きな家が、数値的に有利となる傾向がありましたがUA値では建物の大きさによるばらつきが出にくい傾向にあります。

つまり長期優良住宅じゃない家では計算されていないってことになります。

長期優良住宅にするにはコストが大きくかかるなんてことでオプションになっている会社もありますから、、、、

平成30年で戸建ての約1/4が長期優良住宅です。大手ハウスメーカなどが大多数を占めています。

長期優良住宅は本来日本の木造住宅の寿命は30年程度と欧米諸国に比べると極めて短いです。さらにローンを払い終えるころには建て替えするかしないかという選択肢に直面します。

せっかく建てた家が経済的負担になると悲しいですよね。

そうならないためにも長期優良住宅て建てるべきです。

子どもや孫の代まで住める家となるからです。メンテナンスさえしっかりしておけば100年は住める家となります。そうなると経済的な悩みも解消できます。

しかも売却するとなっても付加価値がついているため普通の家よりも高く評価されています。

もみの木ハウスの家はすべてが長期優良住宅になります。

30年先よりもはるか先を見ていますから。

 

 

 

もみの木の家をイベントで体感

藤田 泰弘

藤田 泰弘

実際にもみの木の内装材を体感して、根本的な家づくりの考え方が変わりました。自分で体感したからこそお客様におススメできるもみの木の家を提供します。

もみの木ハウスの資料をお届け!

もみの木ハウスの家づくりがよくわかる資料を無料でお届けしています。資料をご希望の方は以下のボタンよりお申し込みいただけます。
もみの木ハウス・ひょうご 資料請求

資料請求はこちらから

開催予定の見学会・イベント

【毎月開催】もみの木の家 勉強会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ
「もみの木ハウス・和歌山」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
Facebook:個人
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・兵庫」で当社が紹介されました。