資産価値のある家を建てています。

資産価値ってぼんやりとした表現になりますね。

資産と聞いて思いつくのがまず「土地」じゃないでしょうか?土地の価値は永久的に続きますからね。

木造住宅の場合国によって定められている耐用年数は22年です。築25年以上の戸建ては資産価値が0の古屋として扱われているのがほとんどです。

なので資産価値のある家を意識して建てています。自分が住んだ後運用できる住宅を建てたほうがいいと考えるからです。

自分が住んだ後に子どもに残せる家っていいですよね。この様な高性能な住宅を国も推奨しています。

それが「長期優良住宅」ってことになります。

もみの木ハウスの建てる家は全てが長期優良住宅になります。

子どもが住むならメンテナンスさえしっかりしていれば孫の代まで暮らせます。

住宅ローンを払い終えたら家の寿命が来たなんて家もあります。

せっかく建てた家ですから長く健康で暮らせる家がいいのに決まっているでしょう。

でも今の時代子どもが住むとも限りません。そうなると賃貸として人に貸してもいいでしょうし売却することもできます。なのでいずれにせよ子どもたちに残せる資産になります。

住宅の資産価値が落ちる要因ってご存じですか?

まず構造がしっかりとしているかってことです。特に基礎が重要になります。

地震が起きた時構造がしっかりしていないと話になりません!倒壊なんてことになったら家族も守れません。

家としての機能を全く果たしません。

次に断熱機密性能になります。夏熱く冬寒い家には価値もありません。光熱費が高くつきますからね。資産価値も下がってしまうことになります。

最後にカビが発生しない事です。カビが発生するという事は結露が発生しています。

壁内部に湿気がたまって白アリがわいたりすると大変なことになってしまいます。

自分は資産価値を意識した家づくりをしています。高価な買い物をされるお客さんに損をしてもらいたくないですからね。

もみの木ハウスの家は長期優良住宅で高気密高断熱のもみの木の家になります。

住めばよく分かります。10年住むともっと良さがわかります。

なので安い家と高い家では全く異なります。将来を見据えた家づくりをする会社で検討されることをお勧めします。

 

もみの木の家をイベントで体感

藤田 泰弘

藤田 泰弘

実際にもみの木の内装材を体感して、根本的な家づくりの考え方が変わりました。自分で体感したからこそお客様におススメできるもみの木の家を提供します。

もみの木ハウスの資料をお届け!

もみの木ハウスの家づくりがよくわかる資料を無料でお届けしています。資料をご希望の方は以下のボタンよりお申し込みいただけます。
もみの木ハウス・ひょうご 資料請求

資料請求はこちらから

開催予定の見学会・イベント

【毎月開催】もみの木の家 勉強会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ
「もみの木ハウス・和歌山」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
Facebook:個人
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・兵庫」で当社が紹介されました。