大手量産メーカは引き渡しが完了すると現場監督の管理からメンテナンス部門の管理へと移行します。

そして三ヶ月点検という事で家の点検にやって来ます。

住んでいる家の調子の悪いところはないかなどメンテナンス専門の社員がやってきてチエックします。半年しかたっていないのでそんな目立つところはないでしょう。

あるとすれば建具の調整ぐらいでしょう。

そして半年点検・一年点検・二年・・・・・・・と増えていきます。

大手量産メーカーだから「安心」がセットになっています。もうこの時点では営業マンなんて見ることも会う事もありません。そしてなんだかの不備が出てくると現場監督が来て職人を連れてくることになります。

そして直すことになります。

簡単な調整や補修程度でしたらメンテナンス専門のカスタマーが直します。

そうなると大手量産メーカでは分業制になっているので担当の人がころころと変わります。

そして住みだしてからは何か不備がないと会社との付き合いも疎遠になってしまいます。

ここまでは普通の会社のシステムです。

ではもみの木ハウスではどうなのか??

全ての担当が同じです。自分になります。建築中でも普通のお付き合いですが引越しして住みだされてからのほうが長くなるって考えています。

引き渡しが終了して終わりとなるのではなく、引き渡ししてからが本当のお付き合いになります。

OBのお客様としてイベントにも参加されますし事務所にも気軽に来られます。

何より自分が家の空気環境や住心地なんかが気になりますからね。

声を聴きたいですからね。そこで新発見なんかもありますし!お客様の新発見を聞くことが一番の幸せと感じる瞬間でもあります。

住まないとわらかなかった事や普通の家とは全く違う事など。

「もみの家」に住みだすと今までの生活が一変すること。

でも最後に言われるのが「もみの木にしてよかった!」です。

なのでもみの木ハウスでは住みだされてからが本当のお付き合いとなります。

もみの木は体感しないと感じられない事が沢山あります。

気になるあなたに「体感すること!」をお勧めします!

 

藤田 泰弘

藤田 泰弘

実際にもみの木の内装材を体感して、根本的な家づくりの考え方が変わりました。自分で体感したからこそお客様におススメできるもみの木の家を提供します。

開催予定の見学会・イベント

【毎月開催】もみの木の家 勉強会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ
「もみの木ハウス・和歌山」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
Facebook:個人
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・兵庫」で当社が紹介されました。